カウンセラーと女性
カウンセリング

検査を受ける

躁鬱病は別名、双極性障害と言われています。躁鬱病の検査はクリニックでも受けることが出来ます。しかし、クリニックでは検査を受けることが出来ない場所もあるため予め注意しましょう。

詳細を確認する

悩み事がある女性

自分に合った場所

躁鬱病の検査を受けるためには、自分に合った病院やクリニックを探す必要があります。インターネットサイトでは、口コミ情報などもあるため安心して検査を受けることが出来る場所を選ぶと良いでしょう。

詳細を確認する

胸が痛む女性

最新の医療技術

躁鬱病の検査には、最先端医療技術の光トポグラフィー検査が利用出来ます。近赤外光を使用しますが、体内には影響がないため安心して検査を受けることが出来るといえます。

詳細を確認する

頭痛

予約をとる

躁鬱病の検査を受ける場合、予約をしておく必要があります。予約をしていないと受けることが出来ない場合もあるため、自分に合った病院やクリニックを見つけたら予約をすると良いでしょう。

詳細を確認する

考える女性

料金を把握する

躁鬱病の検査に用いられる光トポグラフィー検査は、利用する病院やクリニックによって料金は異なってきます。安心して受けるためには、料金を把握しておくと良いでしょう。

詳細を確認する

落ち込む男性

検査結果を知る

利用する病院やクリニックによって異なりますが、躁鬱病の検査結果は当日わかることが出来る医療機関もあります。そのため、再来院する手間を省けることが出来るため大変便利といえます。

詳細を確認する

躁鬱病の症状

ひとりぼっち

躁鬱病治療の現状について

病気には、様々なものがあります。外的のものや内的なものがあるため、症状によって検査や診察を受ける場所は異なってきます。また、その部位に特化している診療科目も存在します。脳の病気を検査する脳外科や、精神のトラブルは精神外科などで検査を受けることが出来ます。脳の病気には、躁鬱病が挙げられます。また、精神の病気にはうつ病が挙げられます。躁鬱病は、うつ病と似た症状を発症します。しかし、うつ病だけではなく躁状態もあるため判断が難しい病気といえます。

診療を受ける際のポイント

躁状態は、気分の高揚が挙げられます。普段よりも人と接することに積極的の他、多弁になる傾向が見られます。普段と少し違うというイメージを与えてしまいます。そのため、躁鬱病との見極めが難しいといえます。しかし、躁鬱病の症状はそれだけではありません。睡眠をほとんどとっていないのに活発的に行動をする他にも、金銭の取り扱いも挙げられます。普段あまりお金を遣わない人が急に無駄遣いをする他にも、ギャンブルや投資に熱中するということがあります。躁状態になってしまうと、自分には何でも出来ると考えてしまう傾向があります。そのため、多額な借金をしても重く受け止めず、比較的明るいといえるでしょう。躁状態になってしまうと、罪を犯すなど周囲に迷惑を与えてしまいます。そのため、早めに気づいて治療を行う必要があるといえます。

躁鬱病の躁状態には、軽躁状態も挙げられます。軽躁状態の場合は周囲に迷惑をかけることがないため、あまり気づきにくいものといえます。しかし、普段と人が変わってしまったように思える場合は医師に相談すると良いでしょう。

躁鬱病は双極性感情障害ともいわれる心の病の事で、ストレスや健康状態など様々な原因から、気分が落ち込み自殺企図まで発展する「鬱病」と、他人への攻撃的な言動や行動、焦燥感に陥る「躁病」が繰り返し巡るという症状があります。現在では主に薬物療法による治療が行われることが多く、薬物の効果度合いを把握するために血中濃度検査が定期的に実施されます。この検査により血中での薬剤の浸透度を確認することが出来、患者の状態と加味して、処方の変更や継続を判断する材料としている。躁鬱病は完治することはなかなか難しいとされているが、医療機関へ定期的に通院し、効果的な検査や投薬を受けることにより、日常生活において支障のない程度まで回復することが出来ます。

現在躁鬱病は人口の約1%の方が罹患し、何らかの医療を施されながら生活しているとの調査結果があります。特に近年ではストレスが蓄積される環境がとても多いため、誰しもが罹患してもおかしくないとも言われています。躁鬱病の治療に対しては自立支援通院公費の制度を利用することが出来ます。これにより大幅に診療費の負担を軽減できるため、最寄りの福祉事務所に申請手続きを行なうことが肝要です。これは精神疾患のための治療行為(投薬、検査など)が対象となりますので、ぜひ利用されてください。また軽度躁病など生活に使用を来さず、日常生活を問題なく過ごせる場合はともかくとして、一般の躁鬱病は適切な医療を受ける必要があります。

Copyright(c) 2015 躁鬱病の疑いがある場合は早めに検査を受けて治療することが大切 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com