にこやかに進むカウンセリング

自分に合った場所

悩み事がある女性

躁鬱病の検査の利用方法

躁鬱病の検査は、クリニック以外にも病院でも受けることが出来ます。そのため、病院などは全国各地に存在しているため気軽に足を運ぶことが出来るといえます。また、クリニックによっても躁鬱病の検査を受けることが出来るため近くにある場合は利用すると良いでしょう。躁鬱病の検査方法として、MRIや頭部CT検査、エコー検査や脳血流検査など様々です。また、病院やクリニックによってはこれらの検査方法と異なる場合もあるため確認しておく必要があります。自分に合った病院やクリニックを見つけるには、インターネットサイトが活用出来ます。インターネットサイトには、多くの情報が掲載されています。そのため、近くの病院やクリニックを探すことが出来るでしょう。全国各地の情報を取り入れることが出来るため、自分に合った病院やクリニックを選ぶことも出来ます。

光トポグラフィーの費用

躁鬱病は、発症率は低いものの無いとは言い切れない病気です。しっかりと治療が行える病院やクリニックを選ぶことが大切です。そのため、信頼性のある場所を利用することで治療に専念することが出来るといえます。躁鬱病の治療は、とても簡単なものではありません。気分安定薬を用いる他にも、様々な薬を使用する場合があります。薬には、副作用が付きものです。気分安定薬の副作用には、手足の震えや嘔吐、異常な喉の渇きや下痢など様々な副作用が挙げられます。中には副作用が出ない人もいます。しかし、副作用がある場合服用がきつくて途中で断念してしまう人もいるため担当する医師によって続けていける場所を見つけると良いでしょう。

躁鬱病とは双極性障害とも呼ばれる気分障害の一種です。鬱病とは異なり、躁状態と鬱状態を交互に繰り返します。躁鬱病は診断が難しく、鬱状態の時期に診察を受けると、鬱病と診断されてしまうこともあります。そのため最近では、光トポグラフィー検査を補助的に用いて躁鬱病の診断材料の一つとすることが勧められています。 光トポグラフィー検査とは、近赤外線分光法と呼ばれる手法を用います。血中のヘモグロビンは近赤外線を吸収するため、脳内の酸素濃度を調べることが可能となります。脳は活動する際に酸素を消費しますので、酸素濃度の変化を調べればどの程度脳が活動しているのかを測定することができます。 基本的に予約制です。電話またはインターネットでの申し込みになります。別の医療機関に通院していれば、紹介状が必要になります。保険適用されている医療機関では、数千円程度で利用できるようです。

トポグラフィーとは地図形という意味があり、結果は図形のように現れます。つまり脳の活動状態が視覚化できるということになります。そのため補助的な診断にはなりますが、客観的な躁鬱病の判断材料が増えたことは喜ばしいことといえます。 さて、その光トポグラフィー検査の費用ですが、保険適用外の料金は12000円ほどです。これには問診と診察費用を含みます。概ね20000円前後となるようです。2014年から保険適用されましたので、検査費用は1500円から4000円程度になります。また、検査入院で3日間行う場合には、70000円ほどかかることもあるようです。 上記のように、料金設定が医療機関によって異なりますので、事前にいくつかの診療機関を調べておくことが重要です。

Copyright(c) 2015 躁鬱病の疑いがある場合は早めに検査を受けて治療することが大切 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com